トレイルレース界で話題となったUTMFの1週間前、5月13日に完走率の低い過酷なレースで知られる、道志村トレイルレースが開催、 チームMONTURAの活躍が目立ちました!

約1週間前にフランスで準優勝し、突然参加の小川選手。 なんとロングで大会新のタイムで優勝! なんてタフな人でしょう!
d0082212_8481847.jpg
d0082212_8484775.jpg
d0082212_8484476.jpg


加藤選手はショートで優勝! 翌週はUTMFの菊嶋選手のサポートを務めます(次のブログ参照)。
d0082212_8505796.jpg
d0082212_8511090.jpg


堀部選手は女子ショート3位! 実力UPの快挙です!
d0082212_852056.jpg
d0082212_852937.jpg


道志村大会は、まさにMONTURA一色でした!
by montura-air | 2012-05-31 08:56 | ラン | Trackback

5月18日に河口湖を出発して富士山をトレイルでぐるっと一周回るという、壮大なスケールのトレイルレース『UTMF』に行って来ました。
d0082212_17395140.jpg

今回は菊りんこと菊嶋啓選手の初100マイルのサポートとしてレースに同行しました。スタート前に装備チェックや補充用の行動食、予備ギアなどを受け取ります。ショートレースでは味わったことのない緊張感、高揚感がサポート隊にも伝わってきました。頑張ってほしい気持ちと頑張りすぎないでという気持ちが常にあり、無事にゴールすることを祈りスタートを見送りました。急いで次のチェックポイントに行き補給の準備をし、待ちます。タイトルを目指す選手のサポート隊が続々と集合します。その中には『UTMB』の主催者であるカトリーヌさんや、実行委員長の三浦雄一郎さん、菊嶋選手のご両親などが観戦していました。しばらくしてトップ選手が通過し、補給の速さに驚いていたら日本選手トップがエイドに到着。驚きました、菊嶋選手です!!海外のトップ選手の張り詰めたオーラに負けず劣らず、菊嶋選手も集中してます。補給食の補充中にカメラマンに囲まれてしまい、緊張MAⅩ状態に。サポート役なのに手が震えてしまう程にメディアの注目を浴びてました。無事に補給を済ませ、背中を見送りサポート隊も次のチェックポイント目指します。道の駅すばしりでは菊嶋選手の職場の皆さんがアツイ応援に駆けつけてくれました。職場の皆さんもトップ選手の張り詰めたオーラとカメラマンに囲まれ緊張MAⅩ状態に(笑) ここまで総合3位をキープし日本選手トップのハイテンポでレースを進める菊嶋選手にトラブルが発生していました…5合目太郎坊チェックポイント到着時に、足の痛みと内臓の疲れを知らされます。気温は一桁に低下、暗闇睡魔との戦い、迫る痛み…回復する要素を考えながらも、 リタイア という選択肢もサポートの仕事なのかと考えました。それでも菊嶋選手は確実に前に前に進みます。真夜中、富士山こどもの国チェックポイントに到着。モンチュラアクティブシェルを着込み、手袋をつけ防寒対策。ニューハレテープで足の応急処置。ハニーのグミを補充し次のチェックポイント目指します。
d0082212_17421056.jpg

この時点で約80キロ弱、。試されるキツさに負けない事を祈ります。東には朝日に染まる富士山。夜明けに100キロ過ぎのエイドでテープの巻き直しを済ませ、コースのハイライト天子エリアへ挑みます。試走でも5時間かかるルートを現状で打破出来るのか… 心配しかありません。順位も差も伝えてません。 試走時に見つけたエスケープルートへ先回りし待ちます。無事に通過を確認し本栖湖へ。勝ちを常に視野に入れている選手だけに悔しいだろうけど、『完走しよう、目的を変えて、歩こう』と何度も言いました。 痛みに耐え歩き続け、日は傾き、二度目の暗闇。ゴールエリアに菊嶋選手を待つ面々。中には半日待っていて下さった方まで。日本人トップの友人、山本健一選手もスタンバイ。皆さんに お帰りなさい と祝福されラストの直線は手をつないでゴールに入りました。言葉になりませんでした。ウルッときました。菊嶋選手の諦めない姿勢に大きなものを得たUTMF。表彰台にのらなくともレースの主旨は挑む事なんだということを教えてもらえました。
d0082212_17433093.jpg

d0082212_17503629.jpg

by montura-air | 2012-05-30 17:51 | ラン | Trackback

第二回MONTURA登山教室

5月月26.27日 小川山 快晴でした!

初日 基礎的なクライミング技術の講習なので、ロープの結び方、確保方法などとともにスラブ岩の登攀実践!
d0082212_13445618.jpg

初日夜のMONTURA賞品抽選会では、アイテムの特徴を四谷デナリの平野氏が詳しく解説
d0082212_1347232.jpg

めでたく賞品ゲット!!
d0082212_1348239.jpg
d0082212_13483313.jpg


二日目も皆さん早起き、約気満々!
d0082212_13493632.jpg
d0082212_1349516.jpg

初心者の方も、スラブ、レイバック、5.9 10a.bまで体験! 充実した講習会でした。
d0082212_1359131.jpg

次回3回目は、11月にクライミング講習を予定しております!
d0082212_1352593.jpg

by montura-air | 2012-05-28 14:03 | クライミング | Trackback

MONTURA登山教室 第2回

5月26日-27日 MONTURA登山教室、初心者のためのクライミング in小川山
まだまだ募集しております!
詳しくは下記です!
http://www.denali.ne.jp/blog/?p=4224

d0082212_11314197.jpg

by montura-air | 2012-05-18 17:42 | クライミング | Trackback

海外遠征より帰国した、小川壮太選手よりのレポートです。

今回のレースは、ヨーロッパスタイルである前半からのハイペースにより、序盤からかなりバラケたことが、私にとって有利にはたらきました。そして、もうひとつのスタイルとも言える、チームでパックを作って先頭を変わりながら進んでいく戦略が、ぬかるんだサーフェイスと二ヴォレからの高原にあった残雪にやられて維持できなかったようです。ヨーロッパの選手は、硬く『走れるトレイル』に慣れているせいか、今回のような豪雨の後のタフコンディションにはうまく対応できなかったのかもしれません。

中・後半にかけてトップに立ちましたが、前半にポールを使って脚を残していた選手が、ラスト5kmのフラットから猛追をかけ、残念ながら30秒差で優勝は逃してしまいました。しかし、辛くも3位の選手からは何とか逃げ切り、2位という結果を残すことに成功しました。

51kmという距離にして、ゴールタイムが4時間30分。ハードなコースレイアウトと悪条件にも関わらず、やはりハイペースな展開だったことが見てとれます。そういった世界基準のレースの中で存在感を出せたことは、大きな自信となりました。この経験を生かし、さらなる挑戦をしていきたいと思います。ご声援をよろしくお願い致します。

スタート前
d0082212_1734112.jpg

らんRUNラン
d0082212_17351374.jpg

ニヴォレだ!
d0082212_173618100.jpg

リヴァードを望む
d0082212_17372130.jpg

ゴールとこいのぼり
d0082212_17384464.jpg

1.2.3
d0082212_1739996.jpg

チーズだ!
d0082212_17402441.jpg

by montura-air | 2012-05-18 17:41 | ラン | Trackback

第5回いしおかトレイルラン大会 4月29日

加藤選手がロング23キロで見事優勝!
d0082212_10404645.jpg

d0082212_1041335.jpg

使用シューズは、inov-8 Road-X 233 ロード用のシューズですが、イノヴェイトのグリップの良いソールでトレイルもカバー。ロードの多いトレランレースには有効かもしれない。
d0082212_1046174.jpg

堀部(加藤)選手も好タイムでゴール!
d0082212_10581545.jpg

d0082212_10585026.jpg



第4回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース 4月22日

スタート
d0082212_10343291.jpg

菊嶋選手準優勝の表彰式。 次回は5月18日のUTMF100マイルレースに出場予定!
d0082212_1037558.jpg


小川選手、昨年を上回る好タイムで3位入賞! その後5月5日に行われたフランス、ニヴォレ・リヴァード51kmでも、1位と30秒差の準優勝との速報も入っています!
d0082212_116440.jpg

d0082212_1163117.jpg

by montura-air | 2012-05-09 11:09 | ラン | Trackback

モンチュラ情報
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31