モンチュラクライミングフェスティバルin城が崎, 
2008 5月17-18日
比較的難しい、城が崎の門脇南というエリアでのクライミング講習は初心者には難しいですが、二日間 同じ場所で講習することによって、参加者の上達する為の基本的要素である、モチベーションを高めることが出来たとう、また同じルートに何度も挑戦することによって、技術的にも進歩があったと確信できました。  大森

初日、土曜日の集合写真です
d0082212_1124158.jpg


d0082212_11265383.jpg講習会風景です。

























Tシャツ以外の景品は二日間出席の方たちでじゃんけんで取らせました、写真は勝って手に入れたうちのスクール生です。
d0082212_11282567.jpg
[PR]
by montura-air | 2008-05-20 11:30 | クライミング | Trackback

2007年12月、富士山山頂 前日、5合目、佐藤小屋に泊まり吉田口登山道より登頂。 風も弱く天候にも恵まれ快適に登れました。
d0082212_17441987.jpg

南伊豆、海金剛にて。海金剛は、波勝崎から続く海岸線にある200メートルほどの岩壁です。クラックのマルチルートで、冬でもラバソールで登れる貴重な岩壁です。このときは、スーパーレインを登りました。 篠原とガイドの松原氏で、新ルート「スーパートリトン」と「B-トリトン」を開きました。こちらもお勧めルートです。ぜひ、トライしてみてください (詳しくは、ロクスノ39号参照)
d0082212_17443817.jpg

三ッ峠にてドライツーリング講習会。ルートは、篠原と石渡でが2年前に開拓した「オッカムの剃刀(M7)」 未発表
d0082212_17445265.jpg

・オッカムの剃刀を、MURCIELAGO(ムシュラゴ)で登る。フッキングのときの安定感、ハンドルのグリップ感覚など、なかなかの優れもの。おかげさまで易しく感じました。
d0082212_17451175.jpg


「ベッカムの髭剃り(M6)」を登る講習生のI嬢。 フッキングポイントがわかりにくいので初見だ困難に感じる。
d0082212_17452719.jpg

[PR]
by montura-air | 2008-05-08 10:53 | クライミング | Trackback

廣川です。
三つ峠山頂直下の四季楽園では旧富士見山荘の建物を譲り受け、ここにクライミング、ロープワーク等の練習が可能とすべく、室内壁を設置準備中です。アルパインガイド協会の勝野さんが引き受け、これまで遠藤晴行さんも作業に行かれており、第5陣位でしょうか、私も26日夕刻に入山、27日にアルパインガイド協会の登山学校メンバーと壁面の設置、ホールド設定、全体の強度を出すための補強連結など行なってきました。躯体の基本的な部分はほぼできあがり、三間幅(5.4m)で高さ5mの壁が三面、張り出しのテラスのほか、レッジ風の場所、押入れ天袋を利用した岩祠風のビレーポイントもあり、ロープワークヤレスキューの基礎講習が可能な作りとなっています。
今後床張りなど、全体の造作がありますので、正式デビューはもう少し先になりそうですが、梅雨には間に合わせたいですね。
私も5月中に講習で再度行く予定があり、ネジ止めのマイクロホールドなども足したいなと思っています。
ICI石井スポーツの新しいカタログを持参された本店菱木さんと左上モンチュラを着ているのは廣川息子です
d0082212_1443444.jpg

天井下で単管連結作業のため、ハリを人工登攀で移動中の廣川
d0082212_1444569.jpg

27日は不要な資材などの大掃除もでき、施設内も大分すっきりさせました。作業終了。
d0082212_1445462.jpg

[PR]
by montura-air | 2008-05-08 10:17 | 廣川健太郎 | Trackback

モンチュラ情報
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28