4月の15日にモンチュラの直営ショップがイタリアのバッサーノと言う町にあり、打合せ等の
出張で行って来ました。
3階建ての店舗の外観はこんな感じです。
d0082212_17125880.jpg

入口には大きなモンチュラロゴマークが有りました。
d0082212_17131018.jpg

店舗内の様子、靴やクライミング用品も結構ありました。
d0082212_17132037.jpg

d0082212_17133099.jpg

d0082212_17134073.jpg

ショップ3階の会議室にモンチュラのロゴマークが彫られたチベット製の、文箱の様な
供物台の様な木製の箱を発見!!
d0082212_1713537.jpg

by montura-air | 2008-04-30 17:31 | MONTURA | Trackback

2月11日、19日の二回、烏帽子沢奥壁大氷柱を登ってきました。
1982年のJCC勝野、菊地パーティの初登以来20年続登がなされなかった難ルートですが、今年は四パーティが登攀に成功しました。
今年続登が相次いだこと、これらの記録はROCK&SNOW39号、山と渓谷5月号で私がレポートしています。
11日、一回目は4パーティ8名が集まり快晴。
知り合い同士のため、時間節約と安全のため、4人の2パーティに編成して取り付いたものの、余りの好天気に氷が緩み、2パーティ目は条件が悪化。
私のみ、先行パーティに入れてもらい、5人が完登、第八登目となりました。
しかし、私はリードをしておらず、薄氷、支点が十分に取れないこの氷をセカンドに終始では登った気がせず、19日に再度、山野井泰史、妙子夫妻と登ってきました。多分これが第九登目です。
雪が深くて、ラッセルが大変、24時間行動の充実したアルパインクライミングとなりました。最近はガイド活動もしていますが、現役クライマーとして、憧れのルートへの想いを持ち続け、夏、冬ともシーズンにいくつかは自分の山をやりたいと思っています。
難しいところにも惹かれますが、誰も行っていない未知な部分が残されている小探検系の山も好きです。
写真は19日、二回目のものです。
3ピッチ目のビレーポイント、山野井妙子さん
d0082212_1555336.jpg

3ピッチ目をリードする山野井泰史さん
d0082212_15555557.jpg

4ピッチ目をフォローする山野井さん
d0082212_15561525.jpg

by montura-air | 2008-04-23 17:27 | 廣川健太郎 | Trackback

3月後半の飛び石連休に実験講習をしました。
5.12、ボルダリングで二段を登っているものの、雪山経験の全くない、若手男性を初日八ケ岳赤岳山荘の氷瀑、二日目谷川岳西黒尾根、3日目で谷川岳東尾根を登ろうというものです。
経験が十分でないので、バリエーションでは安全確保を万全に行なうことが実験の前提条件と
なります、東尾根はシンセンのコルからはガイディングのショートロープで安全確保をしました。
実験台の平野君はモンチュラのパンツ、フリースを使用しましたが、私は至近距離で行動していたため写真を撮っていません。
21日朝、一の倉沢のデブリ、すっかり春。翌日から登山禁止。
d0082212_14505877.jpg

一の沢をシンセンのコルへと詰めて東尾根に上がります。
d0082212_14511029.jpg

上部のボリュームある雪稜、黄色のジャケットは穂高岳山荘宮田さん。東尾根もハイビジョンビデオで撮影をしました。
d0082212_14512432.jpg

頂上稜線に抜ける先行パーティは日大山岳部の方々です。
d0082212_14514247.jpg

by montura-air | 2008-04-23 17:16 | 廣川健太郎 | Trackback

3月、阿弥陀岳南稜、赤岳西壁でのガイド講習に合わせ、穂高岳山荘取締役で映像作家の宮田八郎さんに同行いただき,ハイビジョンビデオで撮影を行なっていただきました。
このビデオは集英社ヤングジャンプの山岳漫画「孤高の人」主人公、森文太郎君が阿弥陀南稜を登るシーンの原画の参考映像としても使われました。
今週発売号で文太郎君が阿弥陀南稜に取り付き、季節外れの吹雪に遭難しかかっています。
「孤高の人」はコミック第一巻も出ました。面白いです。
紹介シーンは阿弥陀岳頂上、黄色のモンチュラジャケットを着用しているのは長男です。
今後、武藤昭さん、宮田八郎さんの撮影により、各地のバリエーションルートの登攀シーン&そこからの景観をブロードバンドスポーツ動画サイト(㈱ビジネスリンク社運営、KDDIau[山と写真ガイド]公式サイトプロバイダー)紹介していく予定です。
頂上にて 廣川高久
d0082212_162881.jpg

頂上にて 奥は先行パーティの方。ラッセルお疲れ様でした。
d0082212_1622146.jpg

核心部、P3左のルンゼ状
d0082212_1623480.jpg

by montura-air | 2008-04-23 17:03 | 廣川健太郎 | Trackback

去る2008年4月6日、長野県の栂池高原スキー場上部より天狗原にかけての斜面で、第4回山岳スキー競技日本選手大会が行われました。今回は海外招待選手の参加はなく、それでも総勢38名の登録(内2人欠場)がありました。レースは成年男子フルコース、ショートコース、テレマーク、成年女子ショートコース、テレマーク部門と分かれ、それぞれの順位を競います。山岳スキーレースも国内で第4回となり、参加人数は微増ながら、プロスキーヤー、アドベンチャーレーサーの方々の参加もあり、選手のレベルは非常に高くなっています。道具やウェアーなども専門的になり、格好ではヨーロッパなどの大会の様子に近づいているのではと思わせました。今回は私(MONTURA輸入代理店社員)も、無謀にもフルコースに参加し、如何にに過酷なレースであるかを実感した次第です。
d0082212_17283064.jpg

レース前日の開会式の様子
d0082212_17284070.jpg

スタート前の北海道チーム+藤川健さん
d0082212_17285347.jpg

MONTURAチーム?の堀部さん
d0082212_1729239.jpg

d0082212_17291365.jpg

MONTURAのレース用パンツ、ベストを着用、いざ出走!
d0082212_17292383.jpg

スタート直前の緊張の一瞬
スタート直後はゲレンデの横の急斜面をひたすら走り登る。心臓バクバクの状態です。
d0082212_17293662.jpg

その後さらに急斜面となり、ジグザグ登行を繰り返し高度を稼ぎます。そして板を担いで坪足登行にはいり、ピーク地点でシールをはがし再びスキー板を付け一気に下ります。下りは登りと違い多少は楽できるなどと思ったら、大きな間違いで足はパンパン、雪はクラスト状となっていて、転倒の連続で悲惨した。下りきった所で今度はシールを貼り、登行へと移り、一気に最も標高の高いピークへと登りつめていきます。
私は無念ながら、その最高度到達点の旗門に1分遅れてしまい、その地点でのリタイアとなり、
以下のレポートが出来ませんが、そこからも滑りとシール登行を繰り返しゴールへと向う事となっています。
見事!1位の藤川健さん
d0082212_17294862.jpg

北海道チームの伊藤吉昭さん 初出場で3位入賞! すごい!
d0082212_17295659.jpg

テレマーク部門トップで、総合でも4位のテレマーカー平田さん
d0082212_17301436.jpg

女子2位となった 堀部さん
d0082212_17302632.jpg

格好だけはそれらしいが、実力のなかった私

来年こそは、完走するべし!
by montura-air | 2008-04-23 16:00 | スキー | Trackback

てれまくり2009

3月8日・9日に白馬乗鞍スキー場でテレマーク&ATスキーのイベント『てれまくり2009』開催されました。
もちろん!モンチュラもブースを出展。多くのスキーヤーの方に新製品を御覧になって頂きました。
d0082212_1471622.jpg

d0082212_1472615.jpg

下の写真は小谷村出身、モンチュラサポートライダーの近江 拓。テレマークはもちろんのこと、太鼓の腕もすごかった!彼の太鼓でナイトパーティーがスタートしました。
d0082212_1473513.jpg

d0082212_1474821.jpg

by montura-air | 2008-04-07 15:44 | スキー | Trackback

2008SSカタログ 無料!

2008年春夏のカタログは近日出来上がりますので、皆様もうしばらくお待ちください!
下記よりカタログ請求していただきますと、出来上がり次第お送りいたします。
もちろん無料です!!
d0082212_17385362.jpg

2008SSカタログ請求
by montura-air | 2008-04-01 17:42 | モンチュラカタログ | Trackback

モンチュラ情報
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30