廣川

MONTURAアドバイザー、廣川健太郎氏よりホットなレポートと、画像が届きました。クライミング界の著名人たちとの交流に注目です!

1月17日。日山協新年会に出てきました。平山ユージさん、野口啓代さんほか、クライミング、アルパインの一線で活躍している皆さんも参加しており、楽しい交流のひと時でした。
d0082212_941156.jpg

d0082212_9412110.jpg


2008年になり、YJ山岳漫画「孤高の人」の技術監修アドヴァイザーを務めています。コミック3巻では登場人物の大西先生がモンチュラのバラクラバを着用しているのがとても目だっていますのでご覧ください。さて年末はこの作画材料取材のため、後立山の八方尾根、遠見尾根にいってきました。また現在漫画で部隊が北ア全山縦走に挑戦していますが、この縦走のスタート点、栂海新道の登山口、親不知駅なども撮影してきました。遠見尾根の展望台小遠見山では若手山岳写真家トップの菊池哲男さんとお会いしてしばし楽しい歓談のひと時を過ごしました。写真に写っているのは助手の方でご本人ではありません。
d0082212_9434182.jpg

d0082212_944199.jpg

by montura-air | 2009-02-22 13:11 | 廣川健太郎 | Trackback

その2

山と渓谷社から「冬の八ヶ岳Ⅱバリエーション編(仮題)」を出す予定で、1月後半から取材撮影に入っています。写真は打合せ、協力依頼で訪れた八ヶ岳山荘、左から二番目がオーナーの藤森さん、左はしが今回のメインカメラを担当する宮田八郎さん(穂高岳山荘取締役)ら皆さんと記念写真。
d0082212_9521113.jpg


午前中、八ヶ岳美濃戸口角木場の氷柱を登り(写真は宮田八郎さん)、八ヶ岳山荘に伺い、夕方前、奥多摩町熱海の山野井夫妻のお宅に伺ってきました。妙子夫人とは最初に入った東京北稜山岳会で同期、甲斐駒の摩利支天のサデの大岩~東壁~中央壁の冬季継続登攀やマッキンリー、一の沢大滝の上の氷瀑など。あちこちと一緒に登った仲間。お互いずいぶんといい年になりましたが、お互いに現役で自分の山やクライミングをしているので、会うと次はどこ行くの、今なにやってるのと楽しく話がはずみます。話は変わりますが、ガイド組織間の軋轢や離反、自分もガイド組織にかかわっている立場なのですが、どのような思惑か怪しげな動きや噂話を吹聴、暗躍?するガイドさんとか、自分のクライミングをしていない、お金儲けだけの人にげんなりしたり、いやな思いをすることもあったりするのですが、山野井家では心洗われました。夕食までご馳走になり、ありがとうございました。
d0082212_9535651.jpg

d0082212_9541289.jpg

d0082212_9542643.jpg

by montura-air | 2009-02-22 13:05 | 廣川健太郎 | Trackback

その1

昨年5月、単独の黒部横断で石川友康さんが、今年1月の連休には鋸岳単独縦走で新野泰之さん、二人の非常に数多くの困難なアルパインルートを登ってきた友人が遭難してしまいまた。昨年は石川さん遭難の富山県警届出から11月の昨年の最終捜索まで何度も黒部川の捜索に友人らと入りました。そして新年14日の新野君捜索では鋸岳に入りましたが、風邪を引いていたため、久々に苦しい山になりましたが、まだ生存の可能性のある初動捜索ですので多少体調が悪くてもしょうがない。16日は東邦航空ヘリでの捜索、二便二時間の搭乗でヘリ酔いしました。
d0082212_94743.jpg

d0082212_9473127.jpg


新年三が日は沖縄にクライミング、山登りに行ってきました。転勤、二年間を過ごした懐かしい場所です。具志頭浜で久々のボルダリング、地元の友人夫妻には二世が誕生していました。そして3日は波の上宮に新年のお参り。昨年は捜索や日本山岳耐久レースの準備、大会時の救助スタッフや大会後の清掃登山など、色々と忙しく、沖縄には自分の秘密の部屋もあるのですが、3月以来の9ヶ月ぶりの訪沖、友達にもたくさん会えて楽しいひと時でした。ちなみに私は沖縄山岳会にも所属していて遭難対策担当、本土駐在員でもあるのです。
d0082212_9501867.jpg

d0082212_951213.jpg

by montura-air | 2009-02-17 09:56 | 廣川健太郎 | Trackback

廣川です。
三つ峠山頂直下の四季楽園では旧富士見山荘の建物を譲り受け、ここにクライミング、ロープワーク等の練習が可能とすべく、室内壁を設置準備中です。アルパインガイド協会の勝野さんが引き受け、これまで遠藤晴行さんも作業に行かれており、第5陣位でしょうか、私も26日夕刻に入山、27日にアルパインガイド協会の登山学校メンバーと壁面の設置、ホールド設定、全体の強度を出すための補強連結など行なってきました。躯体の基本的な部分はほぼできあがり、三間幅(5.4m)で高さ5mの壁が三面、張り出しのテラスのほか、レッジ風の場所、押入れ天袋を利用した岩祠風のビレーポイントもあり、ロープワークヤレスキューの基礎講習が可能な作りとなっています。
今後床張りなど、全体の造作がありますので、正式デビューはもう少し先になりそうですが、梅雨には間に合わせたいですね。
私も5月中に講習で再度行く予定があり、ネジ止めのマイクロホールドなども足したいなと思っています。
ICI石井スポーツの新しいカタログを持参された本店菱木さんと左上モンチュラを着ているのは廣川息子です
d0082212_1443444.jpg

天井下で単管連結作業のため、ハリを人工登攀で移動中の廣川
d0082212_1444569.jpg

27日は不要な資材などの大掃除もでき、施設内も大分すっきりさせました。作業終了。
d0082212_1445462.jpg

by montura-air | 2008-05-08 10:17 | 廣川健太郎 | Trackback

2月11日、19日の二回、烏帽子沢奥壁大氷柱を登ってきました。
1982年のJCC勝野、菊地パーティの初登以来20年続登がなされなかった難ルートですが、今年は四パーティが登攀に成功しました。
今年続登が相次いだこと、これらの記録はROCK&SNOW39号、山と渓谷5月号で私がレポートしています。
11日、一回目は4パーティ8名が集まり快晴。
知り合い同士のため、時間節約と安全のため、4人の2パーティに編成して取り付いたものの、余りの好天気に氷が緩み、2パーティ目は条件が悪化。
私のみ、先行パーティに入れてもらい、5人が完登、第八登目となりました。
しかし、私はリードをしておらず、薄氷、支点が十分に取れないこの氷をセカンドに終始では登った気がせず、19日に再度、山野井泰史、妙子夫妻と登ってきました。多分これが第九登目です。
雪が深くて、ラッセルが大変、24時間行動の充実したアルパインクライミングとなりました。最近はガイド活動もしていますが、現役クライマーとして、憧れのルートへの想いを持ち続け、夏、冬ともシーズンにいくつかは自分の山をやりたいと思っています。
難しいところにも惹かれますが、誰も行っていない未知な部分が残されている小探検系の山も好きです。
写真は19日、二回目のものです。
3ピッチ目のビレーポイント、山野井妙子さん
d0082212_1555336.jpg

3ピッチ目をリードする山野井泰史さん
d0082212_15555557.jpg

4ピッチ目をフォローする山野井さん
d0082212_15561525.jpg

by montura-air | 2008-04-23 17:27 | 廣川健太郎 | Trackback

3月後半の飛び石連休に実験講習をしました。
5.12、ボルダリングで二段を登っているものの、雪山経験の全くない、若手男性を初日八ケ岳赤岳山荘の氷瀑、二日目谷川岳西黒尾根、3日目で谷川岳東尾根を登ろうというものです。
経験が十分でないので、バリエーションでは安全確保を万全に行なうことが実験の前提条件と
なります、東尾根はシンセンのコルからはガイディングのショートロープで安全確保をしました。
実験台の平野君はモンチュラのパンツ、フリースを使用しましたが、私は至近距離で行動していたため写真を撮っていません。
21日朝、一の倉沢のデブリ、すっかり春。翌日から登山禁止。
d0082212_14505877.jpg

一の沢をシンセンのコルへと詰めて東尾根に上がります。
d0082212_14511029.jpg

上部のボリュームある雪稜、黄色のジャケットは穂高岳山荘宮田さん。東尾根もハイビジョンビデオで撮影をしました。
d0082212_14512432.jpg

頂上稜線に抜ける先行パーティは日大山岳部の方々です。
d0082212_14514247.jpg

by montura-air | 2008-04-23 17:16 | 廣川健太郎 | Trackback

3月、阿弥陀岳南稜、赤岳西壁でのガイド講習に合わせ、穂高岳山荘取締役で映像作家の宮田八郎さんに同行いただき,ハイビジョンビデオで撮影を行なっていただきました。
このビデオは集英社ヤングジャンプの山岳漫画「孤高の人」主人公、森文太郎君が阿弥陀南稜を登るシーンの原画の参考映像としても使われました。
今週発売号で文太郎君が阿弥陀南稜に取り付き、季節外れの吹雪に遭難しかかっています。
「孤高の人」はコミック第一巻も出ました。面白いです。
紹介シーンは阿弥陀岳頂上、黄色のモンチュラジャケットを着用しているのは長男です。
今後、武藤昭さん、宮田八郎さんの撮影により、各地のバリエーションルートの登攀シーン&そこからの景観をブロードバンドスポーツ動画サイト(㈱ビジネスリンク社運営、KDDIau[山と写真ガイド]公式サイトプロバイダー)紹介していく予定です。
頂上にて 廣川高久
d0082212_162881.jpg

頂上にて 奥は先行パーティの方。ラッセルお疲れ様でした。
d0082212_1622146.jpg

核心部、P3左のルンゼ状
d0082212_1623480.jpg

by montura-air | 2008-04-23 17:03 | 廣川健太郎 | Trackback

赤岳天狗沢左腹の氷爆
d0082212_14283312.jpg

北八次郎兵衛沢大滝
d0082212_14284515.jpg

摩利支天沢上の氷柱試登
d0082212_14285697.jpg

by montura-air | 2008-01-31 15:57 | 廣川健太郎 | Trackback

写真は登山家の廣川健太郎氏らによって撮影された、雑誌のDVD赤岳登頂コースの
ワンカットです。
d0082212_1524262.jpg
d0082212_15243664.jpg
d0082212_15244448.jpg

by montura-air | 2008-01-31 15:31 | 廣川健太郎 | Trackback

国際山岳救助委員会総会

10月中旬にスイス・ポントレジーナに於いて、国際山岳救助委員会の総会が開かれました!
d0082212_1738563.jpg

山岳ガイド・monturaサポーターの廣川健太郎氏が出席され記念撮影!!
d0082212_17382025.jpg

monturaを着たイタリアメンバーのお二人 さすがに似合います!!
by montura-air | 2007-11-12 17:44 | 廣川健太郎 | Trackback

モンチュラ情報
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31