中国・桂林クライミングツアー

国際山岳ガイド篠原達郎氏よりのレポートです。
●11月27日から12月8日まで桂林に行ってきました。
●岩場は、桂林から南に70キロほど南下した町、陽朔(ヤンスー)周辺に点在していま す。陽朔には、クライミングショップがあり、クライミング講習会も開催されています。また、町の体育館には、人工壁も設置されていました。
●山水画で知られているような岩峰は、無数に点在していますが、開拓されているエリアは、35箇所ほど、ルートの総数は、400本程度です。歩くと遠いため、自転車を1日10元(約14円)で、レンタルして岩場に行きます。

陽朔から、さらに南に下った集落。昔の中国が色濃く残っている。屋根には、魔よけが飾られている。
d0082212_10108.jpg

陽朔郊外の風景。山水画そのものの風景が広がる。
d0082212_10348100.jpg

桂林のメインエリア、白山。ここには、5.10~5.14まで、質の高い40本ほどのルートがある。原因は不明であるが、2009年12月からクライミング禁止になった。
d0082212_1065627.jpg

観光の名所にもなっている月亮山。アメリカ人クライマー、ドット・スキナー(1988年、ヨセミテ、エルキャピタン・サラテルートをフリー化した)が、1990年、初めて、この地でルートを開拓した。これが桂林クライミングの始まりとなった。
d0082212_109683.jpg

d0082212_10101145.jpg

オーバーザムーン(5.12C)を登る篠原達郎。オーバーザムーンは、ドット・スキナーが初登した、超人気ルートである。
d0082212_10121645.jpg

月亮山の近くにあるodin’sdenのエリア。ここは、5.13以上で桂林最難の岩場。オープンプロジェクトの5.14dがある。
d0082212_10141233.jpg

陽朔公園に聳える独秀峰。陽朔は、このような岩峰に囲まれている風光明媚な町である。
d0082212_10152423.jpg

蝶々の看板が目立つ岩峰。実は、鍾乳洞の入り口になっている。ここにもクライミングのルートが、開拓されている。
d0082212_10163566.jpg

ワインボトルエリアで、アップする篠原達郎。このエリアは、町からも近く易しいルートが揃っているため、小売店のクライミング講習会も開催されている。
d0082212_10181738.jpg

陽朔のメインストリート、西街。名前の通り西洋人の観光客が多い。この通りには、マクドナルドやケンタキー、ピザの店も多い。
d0082212_1019355.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://montura.exblog.jp/tb/10580435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by montura-air | 2009-12-21 10:20 | 篠原達郎 | Trackback

モンチュラ情報
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31